女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

【悲報】自転車の飲酒運転での罰則が強化!?

2015.01.28 (Wed) Cat:GTM -Life-, いろいろニュース , 全ての記事

【悲報】自転車の飲酒運転での罰則が強化!?

自動車の飲酒運転・飲酒事故の罰則強化(厳罰化)から、大分経ちました。
街中には「これでもまだ飲酒運転しますか?」といったポスターがずらーっと並んでいたりと、今でも注意喚起が盛んに行われており、飲酒運転事故件数の推移は年々減少傾向にある様です。

そんな中、お酒を飲んだ時のベストオブ移動手段 「自転車」も、とうとう罰則強化に向けて動き出すそうです。

今年6月から、危険行為を繰り返す自転車運転者に「安全運転講習」が義務化されるのをご存知だろうか? そもそもルールを守って安全運転をしていれば問題ないのだが、実際に自転車走行におけるルールを正確に把握している人は非常に少ない。


参考記事 自転車の「法改正」簡単解説 飲酒運転で100万円以下の罰金も!  -ORICON STYLE-

2015年6月までに施行される法改正により、自転車もとい「チャリ」で危険運転をしている人に、チャリの安全運転講習が義務化されるそうです。

危険運転には、「信号無視」「遮断踏切内立ち入り」「自転車に乗りながらスマホをいじる」などが含まれる見込みになっているとの事。

さらに、「歩道・車道の区別がある道路で通行区分を守らない」という項目も危険運転の行為して含まれています。

具体的にどういう事かというと、

自転車は軽車両なんだから車道を走りなさい。
歩道を走ったらアウトよ

という、世の奥様方から最大限のクレームが来るであろう内容です。

道路幅が劇的に狭い道路でも歩道があった場合、車と同じで車道を走らないと行けない事になります。

ソッチの方が危険運転になるのでは…と誰もが思う所かと。

ただ、これらは実は既に道路交通法で定められている項目がほとんどの様です。
罰則を強化というより、それらの取り締まりに本腰を入れていこうというのが、今回の法改正の意図なのではと個人的には思っております。

自動車の違反者講習を受けた経験がある身としては、チャリの安全運転教習というのがどういうものか非常に興味がありますが…出来れば受けたくないものです。

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×