女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

【注意】彼らは想像以上にアクティブです

2015.03.02 (Mon) Cat:GTM -Life-, いろいろニュース , 全ての記事

【注意】彼らは想像以上にアクティブです

つい、一昨日の出来事。

嫁を置き去りに、4歳と2歳の子供を連れて、千葉のとある海沿いにある別荘的な所に行き、仲間内と季節はずれのバーベキューを楽しんできたのですが、一瞬肝が冷えた出来事が起きました。

ちょいと用を足そうと、鉄板から離れ、ほぉーとしている最中に、ふと鉄板の方を見た時、

 

なんと!!

 

2歳の可愛い可愛い愛娘がトングを持ってカチカチしながら、鉄板に向かっているじゃないですか!?

 

まさか、彼女は 自ら肉を焼こうとしてるのか!?

  nikuniku

そんな時に周りは誰も気づいていない!!!!( ´Д`)

 

微かに聞こえる 「にーく♪にーく♪」 という言葉に、可愛いなぁ…いや!

 

ヤバイ!!!!!!!!

  startdash1

と無我夢中で走り、娘が熱々の鉄板と接触するギリギリの所で彼女の腕と掴む事が出来、何とか事無きを得ました。

鉄板がある位置は、彼女の頭上よりも高かったのですが、手を伸ばせば鉄板に届いてしまうので、止められなければ一生残る傷跡を娘に残してしまい、嫁からも詰められ、大きくなった娘から恨まれるという、地獄の三本立てになってしまう所でした。

ただ、ギリギリ娘の窮地を救えた私ですが、 自分のムスコを出しっぱなしだった事を本物の息子に指摘され、それを周りに気づかれ、暫く失笑と気まずい空気になった事はここだけの秘密にしてください。

 

今回の件で、子供には思っている以上に注意しておく必要があると改めて感じました。

子供の成長というか、観察眼は大人が思っている以上に凄く、彼らは何でも吸収し、即行動をしてしまうものです。 

そんな冷や冷やな経験をした中、本日、こんな記事が出ておりました。

 

災害対策などで、自宅に“カップラーメン”を多めに保管している方も多いのではないでしょうか。定期的にランチや夜食として食べているママもいるかもしれません。赤ちゃんが寝ている間などに、短時間でさっと食べることもできますしね。

ところが、カップラーメンの熱湯によって、小さな子どもがやけどを負う事故が多数発生していることをご存じでしょうか。小さな子どもがいるご家庭では、ぜひご注意ください。

 

-参考記事-

その3分が危険!子どもの「カップラーメン」やけど事故に注意 -livedoor NEWS

 

最近、子供の熱湯によるやけどが急激に増えているそうです。つい一昨日、やらかしてしまってた自分が偉そうに言える事ではございませんが、お子さんがいらっしゃる方は、熱湯など熱いものを取り扱う時は細心の注意を払いましょう。

「ちょっとだけなら」と目を離した隙に、彼らはアクティブに動き始めます。

 

私の可愛い子どもたちのアクティブな例

・ちょっと目を離した隙に、壁紙が白から、虹色のクレヨンカラーに変化した。

・ちょっと目を離した隙に、半分以上残っていた自分の愛飲料、ラ○フガードが空になっていた。

・ちょっと目を離した隙に、仕事用PCに巷で人気の可愛い地縛霊のネコのシールが無数に貼られていた。

・ちょっと目を離した隙に、一昨日のバーベキュー中に年甲斐もなく、

ポッキーゲームをやっちゃった事を嫁にバラしやがった。

 

など、子供達は本当によく見ています。

 

お子さんがいる皆さん

子供がいる前で「おいた」はほどほどに…

 

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×