女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

短くても濃い時間を とある チャットレディ のチャット術

2015.05.18 (Mon) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

短くても濃い時間を とある チャットレディ のチャット術

チャットレディ のお仕事は、お客さんとチャットを通じてお話をする事。

お話した分数によって報酬が変わるので、1分1秒でも長くチャットをしたいというのは、どの チャットレディ の人でも思っている事かと思います。悪い言い方をすると会話をどれだけ引き伸ばせるかというのが重要と考えていると思います。

少しでも長く楽しんでもらうという考え自体は間違えではありません。お客さん達の多くはそれを分かった上で遊びに来てくれています。

ただ、実はその考え方が逆効果になってしまっている…なんて事を考えたり感じたりした事はありませんか?

今回は、 会話を引き伸ばすという考え方を捨てた在宅の チャットレディ Y美さんから伺ったお話をご紹介いたします。
もし、逆効果なのかも…と感じている チャットレディ の人がいらっしゃれば、Y美さんのご意見を参考にしてみてください。

 

質より「量」


situyoriryou

チャットレディ のY美さんが意識しているのは、 お客さんを引き止めない事だそうです。
全員というわけではなく、主に初めてのお客さんに対してで、引き止める事は絶対にしない様に心がけているそうです。

その理由を聞いてみた所、ライブチャットのお仕事は接客業だという事を改めて感じました。

 

私の事を知らないのに何時間も話をするのは苦痛だと思う。


「私は仕事としてチャットをしているので、いくらでも長く話してもいいって思っちゃいますけど、お客さんからしてみれば、私の事をよく知らないのに何時間も話をするのって苦痛だと思うんです。」

 

顔やスタイルがタイプでも、話してみたら全然タイプじゃなかった…
男女ともにそんな経験はありませんか?

Y美さんもそこを考えている様で、癒やしを求めて会いに来てくれたお客さんに、無理をしてもらう事は避けるべきとおっしゃっていました。

 

初めてのお客さんと10分~20分くらい話したら、次の約束をする。


「初めてのお客さんなら大体10分くらい話して、 『今度は私から誘ってもいいかな? 』 と聞きます。私の事を気にいってくれた、気になってくれたかどうかを確かめる為に。」

 

Y美さんは、お客さんがもっと話したいと言ってくれない限りは、次の約束をして、そのままチャットを終わりにしてしまうそうです。もちろん、チャットが終わった後にメッセージで、ちゃんとお誘いをする事を忘れず行っているとの事。

そうする様にしてから、次の約束をしなくても、チャットが終わった後に自らY美さんにチャットのお誘いをしてくれるお客さんがが多くなったそうです。

 

 短い時間でも「何度も」話す事が秘訣


「ふらっと来ていただいて、5分10分チャットして帰られる。そんなお客さんも沢山います。そういうお客さんが増えてくれたおかげで、いつインしても待機ばっかり…という事が無くなりました。短い時間でも何度も話した方が、お客さんとの距離が近づいている気がするので、会いにきてくれるお客さんが増えると思います。」

 

 

まとめ

とても理に適っている考え方だと個人的には思いました。

質よりも「量」を意識して、お客さんにとって無理がない範囲で、何度もチャットをしてもらう事で、気軽に逢える事をお客さんに印象づけている事が、常連さんになってもらえる秘訣になっているのだと思います。

もちろん、あくまでも個人の意見ですので、この考え方が100%正しいという訳ではありませんが、お客さんが増えない…とお悩みの チャットレディ の人は参考にしてみてくださいね。

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。