女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

チャット のお仕事を続けるには、○○がとても重要。

2015.07.24 (Fri) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

チャット のお仕事を続けるには、○○がとても重要。

24時間365日いつでも好きな時に稼げるのが チャット のお仕事の魅力ですが、チャットレディとして長くお仕事を続けるのに意識しておくべき事があります。

結論を先にいうと、チャット のお仕事を続けるには 「休む日」を作る事 がとても重要です。

そんなの当たり前じゃんとお思いの人もいらっしゃるかと思いますが、実際に チャット のお仕事をしていると、休みを取るタイミングが分からなくなったり、知らぬ間ストレスを溜め込んでしまっていたりして、後々になって自身に負担を大きくかけてしまいがちです。

今回は、まさにそのケースにはまってしまった、チャットレディ Kさんのお話をご紹介します。

Kさんのお話をご覧いただき、改めてお仕事を休む日について考えてみていただければと思います。

 

チャット の仕事を休む日を作れなかった理由

どんな仕事でもお休みがないと辛いものです。ですが、Kさんはチャットレディになりたての頃、約1ヶ月間ほど、毎日欠かさずログインして、お仕事をしていた時期があったそうです。

 

お客さんが離れちゃいそうで怖かった。

お客さんが離れちゃいそうで怖かった。

やり始めの時、とにかくお客さんにたくさん来てもらう為に 毎日ログインしてました。

チャット してくれた人に毎日メールをしたりやり取りしてたりしてたら、ふと、「これで私がログインしなくなったり、メールしなくなったら、お客さんいなくなっちゃうんじゃ…」って思うようになってものすごく不安になって…。

大丈夫大丈夫って思っていても、怖くなって、今日はおしまいって思って電源切っても、気になってすぐまたパソコンつけてログインして…を繰り返していました。

そしたら、 チャット 中にお客さんから「なんか疲れてる?」とか「つまらない」って言われる事が多くなってきて、もうどうすればいいのか分からない状態になってまた不安が募って…ってどんどん悪い方向に進んでいってましたね。あの時は。

 

強迫性障害に近い状態になってしまった事が原因

強迫性障害とは、自分のこだわりすぎな面、思い込みな面に、自身が既に気づいていたとしても、どうしても不安になって何度も同じ行動したり、何度も同じ確認したりしてしまう状態の事を指します。「強迫観念」とも言われており、有名な例として、家を出た時に「鍵をちゃんとかけたかどうか。火の元は大丈夫かどうか」と心配になって何度も家に戻るといった行動が挙げられます。

以前のKさんは、まさにその状態になってしまっていたと言えるかと思います。

 

チャット を休む時のベストな方法

以前のKさんの様に、根を詰めてお仕事をするスタイルは絶対に長続きしません。

でも、それでも不安になってしまう…という人は、是非こちらの方法をお試しください。

 

「お仕事をする日」をプロフィールやメールを使ってお客さんに伝える。

この方法は、どこでも推奨しており、お仕事を続ける上で必須でやった方がいい方法です。

休む日ではなく、 「お仕事をする日(インする日)」を、自分のプロフィールに書いたり、メールでお客さんに送る事で、マメにログインしたり、リアルタイムで連絡を取り合わなくても、お客さんにチャットが出来る日を確認してもらう事が出来ます。

また、お客さんに チャット をする日を伝えた事によって安心感が生まれ、お客さんが離れてしまうのではないか…と心配になる気持ちが緩和されると思います。

オススメの方法ですので、やった事がない人は是非試してみてください。

 

 

今回のまとめ

チャット を定期的に休むようにしたKさんは、お客さんと話す話題が増えたり、メリハリがついてお仕事をもっと楽しめるようになったり、新しい目標を立てられるようになったりと、根を詰めてやっていた時と比べ、格段にいい状態でお仕事が出来るようになったそうです。

なので、長くお仕事を続けるには、 適度に休日を設けて自身の精神衛生を保つ事が重要 というのが、今回のお話です。

 

少し話がずれますが、日本人は根を詰めてお仕事をする姿勢を良しとする傾向があると、とあるニュースで見たのを思い出しました。

そういった時も必要な場合もあるかと思いますが、無理をして自身の精神衛生を保てない状態になってしまうのはマイナスにしかならないので、以前のKさんの様に集中してお仕事をしているという人は、今一度、自身を見なおして、ちゃんと十分に休んでリフレッシュ出来ているかどうかを確認してみてくださいね。

 

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×