女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

チャットレディ募集の方法~インターネット広告編~

2015.02.10 (Tue) Cat:GTM -Jobs-, ライブチャット, 全ての記事

チャットレディ募集の方法~インターネット広告編~

ライブチャット代理店を運営するにあたって、一番最初に頭を悩ませるであろう問題は
「チャットレディの募集」かと思います。

主にどうやって募集をかけているのか?方法は大きく分けて3つに分かれます。

 

・インターネット広告で募集

・紙面広告で募集

・紹介、スカウトなど

 

 今日は、上記の 「インターネット広告で募集」について触れていきます。

※インターネット情報全てに言える事ですが、全てを鵜呑みにせずあくまでも参考としてご覧ください。

 

インターネット広告でチャットレディを募集する前に準備する事

インターネットを使って求人募集をかける場合、絶対に用意しておくべきものは
「自身のプロダクション(代理店)のホームページ」です。実際、ホームページが無くても、インターネットで求人募集をかける方法もありますが、ホームページを持っている持っていないでは出せる広告も効果も全く変わってきます。

ホームページを作る事は、いわば 自身のプロダクション(代理店)をインターネット上にも立ち上げるという事ですので、ホームページが出来上がってから初めて、チャットレディに興味を持ってインターネット検索をしている女性に向けて効果的にアピールする事が可能になります。

 

ホームページの作成時に心がけておきたい事

 

誇張した表現はせず、見てくれた女性に信用してもらえる内容を

ライブチャット業界の市場は年々上昇傾向にあり、数年前と比べ知名度は大分高まっています。

ただ、それでも他の仕事と比べ、実際にお客さんに会わなくても高収入を得られるチャンスが多く、副業でも働けるなど多くのメリットを挙げられるライブチャットのお仕事について、何か裏があるのではないか? といった不信感を抱かれてしまう傾向は、未だに根強く存在しています。

特に女性はそういった話に非常に敏感ですので、ホームページを作る際は、誇張した表現は慎み、デザインも女性が見る事を意識した見た目や内容にして、ホームページを見てくれた女性に信用してもらう事を意識して作る事が大事になってきます。

 

スマートフォン対応ページも作る

 昨今のインターネット市場では、スマートフォンからのアクセスが急増しています。このGTMのホームページだけで見ても、PCからのアクセスと、スマートフォンからのアクセス数はほぼ同等の推移まで伸びており、昨年の同時期と比べると、スマートフォンからのアクセス数は2.2倍ほど増加しています。いつでもどこでも手軽に検索出来るという強みがあり、今後、さらに伸びる可能性が非常に高いので、チャットレディの求人にインターネット広告を取り入れるなら、スマートフォン対応も必須で考えておくべき所です。 

 

主流になっているインターネット広告

現在、インターネット広告で主流になっているのは下記2つの方法です。


リスティング広告(インターネット広告)

簡単にいうと、ネットで検索した時に、表示される広告です。
ユーザーが検索したキーワードと連動して表示する事が出来るので、「検索連動型広告」と呼ばれます。

listing

 

キャプチャ画像では、「ライブチャット 東京」で検索をしたので、「ライブチャット 東京」の検索キーワードで、広告が表示される様に設定をしている所の広告が表示されています。

広告費は、表示された広告のリンクが「クリック」されたら発生します。なので、クリックをされなければ一切費用はかかりません。これがリスティング広告の最大のメリットです。

クリック課金型と呼ばれ、1クリックいくらまで支払えるかを設定し、1日に使う予算を設定してから広告をスタートさせるので、少額でも無理なく広告をスタートする事が出来ます。

 

▼メリット▼
・出稿したらすぐに表示させる事が可能。
・広告文を自由に作成出来る。
・表示させる時間帯の設定も可能。
・キーワードの設定に制限はなし。
・表示させたいページを自由に設定する事が出来る。
・いつでも広告をストップ、再開が出来る。
・募集をかけたくない地域を除外して広告を出稿出来る。

▼デメリット▼
・ある程度インターネットに関する専門的な知識が必要。
・入札額によって表示される順位が決まるので、効果が高いキーワードでは、1クリックの相場が尋常じゃない程高騰している可能性がある。

リスティング広告をについては、後日、さらに詳しく説明出来ればと思います。

 

アフィリエイト広告(インターネット広告) 

「アフィリエイトでお小遣い稼ぎ」という謳い文句を見た事はありませんか?
インターネット黎明期に一世を風靡した、現在もインターネット広告の代名詞とも言える広告です。

ASPの仕組み

アフィリエイターを呼ばれるサイト運用者が運営しているサイトに、広告リンクを設置してもらい、そこから自分のホームページにユーザーを誘導するといった広告です。

この広告は「成果報酬型広告」とも呼ばれ、誘導されたユーザーが設定した成果地点に到達した時に初めて広告費が発生します。

チャットレディの募集では、主に「チャットレディの応募が完了した時点」「チャットレディの面接が完了した時点」が成果地点として設定されている事が多いです。

また、アフィリエイト広告を設置をするにあたり、「ASP」と呼ばれる多くの広告主(広告を出している企業)と提携し、多くのアフィリエイターを集めている広告代理店と契約して出稿する事がスタンダートとなっています。

 

▼オススメのASP▼

a8.net

VALUE COMMERCE

 

▼メリット▼
・成果が出た時点で広告費が発生するので、リスクは最小で最大の効果を得る事が出来る。


▼デメリット▼
・成果地点の条件が高い、承認率が低い、注文(チャットレディ求人であれば応募)が来ないなど、アフィリエイターが稼げない広告内容だと、協力してくれるアフィリエイターが集まらず、広告自体が広まらない。
・即効性がない。
・効果を最大限に高めるには、地道にアフィリエイターと連携をとって関係値を築く事が必要。

 

 

まだまだ多くある広告の種類

 インターネット広告市場は、常に拡大しているので、上記以外にも多種多様な広告が存在しています。

ただ、どの広告にも言える事ですが、求める成果に対しての向き不向きがありますので、気軽に出来るが故に無闇に何でもやってみてしまうと、無駄に予算を消化してしまう事になる可能性が非常に高いので注意が必要です。

次回は、紙面広告について触れていきたいと思います。

 

※ここでいう「スカウト」とは、興味を持っている方への案内を指しております。
【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。