女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

ライブチャットに助けられた日々

2015.02.18 (Wed) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

ライブチャットに助けられた日々

現役チャットガールazuさん(仮名)から寄せられた体験談です。

 

多額の借金からWワーク

数年前までずっと夜のお店で働いていました。 当時、多額の借金があって、週6日で夜の7時から夜中の2時くらいまで。 それから家について、次の日朝から夕方までまた別の仕事をしていました。常に働いているのに常にお金がない状態でした。

元々お酒は苦手で、週に6日飲んでは吐いてを繰り返してて、休みの日は半分以上は家でぐったりしてました。

何のために働いてるんだろう。何でこんな思いをしなくちゃいけないんだろう。というのが頭の中でぐるぐる回っていて、あの時は本当に本当に毎日が辛かったです。 

 

辛い時に何気なく見ていたら、チャットレディの求人がありました。

それでも休みの日に、夜のお店とは別の所で仕事がないかなぁ。 とお仕事の情報誌を見ていました。
そこであったのがライブチャットでした。

 

一日で36000円稼ぐことが可能! 体も触られないし安心安全!

本当かなぁ? 

と正直、半信半疑でした。 大抵こういういい話はウラがあるって思っていたので、もし危ない世界だったらどうしよう。本当にお金はもらえるのかな?など、たくさんの疑問がわきました。

でも、精神的にも肉体的にもボロボロで、お金に困っていた私は、気がついたら載っていた電話番号に電話をしていました。 

 

いきなり面接!

電話に出たのは、若めの声の男性でとても紳士的な感じの担当の人でした。話していく内に

「今から来れますか?」

と突然の申し出。

最寄り駅にあるライブチャットの事務所だったので、距離的にも場所的にも問題はなかったのですが、いきなりだったので、さすがに少し考えちゃいました。

考えて考えて、最終的に騙されたと思って行くことにしました。

当時の事はよく覚えています。最寄りの駅で待ち合わせして、電話をしながら待ち合わせていたのに結果、待ち合わせの時間を過ぎても会えなかったという(笑)私が反対口にいたのがいけなかったのですが。

担当の人は、スーツを着てるさわやかな感じの(ちょっとイケメン)方でした。 

とても丁寧に挨拶をしてくれて、すぐに事務所に案内してくれました。

 

ライブチャットでの初仕事

マンションの一室を事務所にしているようで、私が案内されたのは1LDKのキレイな部屋でした。
結構殺風景で中央に机があるだけ。 もうひとつの部屋は扉が閉まっていて見えませんでした。

緊張しながらの面接でしたが、世間話から始まり、私も話しやすい環境ということもあり気がついたら笑顔で話していました。 面接といってもやる気があれば不合格にすることはないと言っていました。

とりあえず体験をしてみることになり隣の部屋に。


すごく驚きました。

 

隣の部屋にはソファーがあり、パソコン、カメラ、照明、可愛いクッション、可愛いカーテンがバッチリセッティングされていました。

私の部屋より女の子らしい部屋で何か複雑な気持ちに…(苦笑)

 

部屋に入って、やり方やコツなど事務所の方が優しく丁寧に教えてくれました。
衣装を用意してくれたり、軽くメイクを直してもらったりと、モデルになった気分です。

覚えることは簡単なことばかりなので、教えてもらってから10分くらいですぐにチャットの仕事をやらせてもらいました。

飲み物もお菓子も食べ放題で、自分の家よりもくつろげます(笑)

結果、たった1時間半で、12000円のお給料を頂くことが出来ました。

 

事務所の人達は、今でもとっても優しくて頼りになる人たちです

事務所の人達のフォローのおかげで、今でもライブチャットでお仕事を続けています。

未知の世界でずっと怪しんでいたライブチャットの仕事ですが、今では私には欠かせない仕事になっています。
夜のお仕事も辞めて、体調を崩す事も無くなったので、今年の初めからライブチャットに専念してます。

支えてくれる事務所の方々もいい人たちばかりで充実した日々を送っています。

ライブチャットと今の事務所の人達に出会えて本当によかったです。

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。