女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

ライブチャットは夢のサービス

2015.02.27 (Fri) Cat:GTM -Jobs-, ライブチャット, 全ての記事

ライブチャットは夢のサービス

自分の知り合いの中に、某有名ライブチャットでよく遊んでいるという知り合いがいます。

彼は非常にオープンで、恥ずかしいと思うような事でも平気でカミングアウトしてしまう程、さっぱりとした性格の持ち主です。自分がライブチャット事業に携わっている事を知ってか知らずかで、さらっとライブチャットにハマっている事を、電話で話してる中、唐突にカミングアウトされた時はさすがに驚いてしまいました。


そんな彼と先日呑む機会があって、色々話していた際に、一人のとあるチャットレディの子にハマっていて、「ほぼ毎週そのチャットレディの子とチャットしてるんだ~」と、そのチャットレディの子との馴れ初めやいい所を 約1時間程 、熱く語ってくれました…。(正確に言うと、ストップをかけました…)

 

タイトルの通り、知り合いのDくん(仮)からすると「 ライブチャットは夢の様なサービス」との事。

ライブチャットの印象であったり、魅力だったりをお客さん目線から紹介したいなと思っていた矢先の事だったので、今日聞いた事を記事にしていい?って聞いたら、快くOKをもらえましたので、そこまで思うに至った経緯を辿ってみたいと思います。

 

恥ずかしくて話せない…

hazukasii

実は、オープンでサバサバした彼にも悩みがありました。

女の子が目の前にいると緊張して話が上手く出来ない。

 

元々、小中高~大学卒業まで、ずっと剣道一本でやってきた体育会系で、女性に対しての免疫がほぼない状態で20代を迎えたというDくん。

女の子が目の前にいると、理由もなく恥ずかしい気持ちになって全く話せなくなってしまう事が多く、実際に数年前に、自分とその当時付き合っていた彼女とDくんの3人で初めてご飯を食べにいった時も、彼女に「機嫌悪いのかな…?」と心配されるくらいに、ほぼ何も話さなかった非常に奥手なDくん。

そんなあがり症な一面に悩まされながら、本当は女の子と楽しい時間を過ごしたい…そんな思いが募りに募っていた時に、Dくんは ライブチャットの存在を知ります。


女の子と「画面越し」で話せるという所で、実際に会うよりはハードルが低いのではと思ったそうですが、なんせ自分にとっては未知なるサービスなので、やってみようと決意するまでに相当悩んだそうです。

 

初めてのチャット

startdash1色々見ていて、1人のチャットレディの子(Dくん曰く、ロリ系の可愛らしい子だそうです)が気になったDくんは、よく分からないアクティブさが出たらしく、何も考えず即クリックしてあっけなく初チャットデビューを迎えます。

ライブチャットには、お金の為、楽しい時間を過ごしたい、寂しさを紛らわしたいなど、色々な思惑をもったチャットレディの子達がいますが、殆どのチャットレディの子達は積極的に自分から話しかけてくれるので、Dくんにとって初めてのチャットはものすごく衝撃的だったそうです。さらに、パーティーチャットだったのに、しばらくDくん以外は誰もこず、

 

「人生であんなにテンパったのは初めてだ…」

 

とその当時を振り返ってました。

Dくんのタイピングは、そんなに早いほうじゃないそうで、

・好きなアーティストは誰?

・どんな曲が好き?

などなど、色々質問をされるものだから、テンパリ度に拍車がかかって、とてもチャットと思えない状態が続いた中、そのチャットレディの子が言った ある一言がきっかけで、彼のライブチャットライフが始まったそうです。

 

緊張がほぐしてくれた一言

hitokoto 

テンパッている彼に、チャットレディの子はこう言ってくれたそうです。


「慌てなくても大丈夫だからね。ちょっと休憩する?」

チャットレディの子が「慌てないで」というと、「長くチャットすれば報酬が…」と若干ダークな考えが頭をよぎってしまうものですが、「休憩する?」といったDくんを気遣った言葉が、Dくんの中でクリーンヒットし、緊張がほぐれていったそうです。

 

そんな質問攻めから始まったチャットに、最初は戸惑ったDくんですが、質問に答えていく内にふと思ったそうです。

「ちゃんと女の子と話せてる!!」


もちろん「チャットで」です。Dくんの姿は、チャットレディの方には見えていませんし、Dくんの声もチャットレディの方は聞こえていません。

でも、Dくんは目の前にチャットレディがいるのに(映ってるのに)、ちゃんと会話として成り立っている事にものすごく感動したそうです。

楽しい事を打てば笑ってくれますし、カワイイなど気の利いた事を打つと、はにかみながら喜んでくれたりと、初めてのチャット開始1時間程ですっかりチャットの虜になったそうです。

初チャットの終わりに、チャットレディの子から「楽しかったかな?」「初めてが私でよかったかな?」と最後まで気遣ってくれたその子こそ、今、ハマっているチャットレディとの事。

 

チャットレディの子はみんな優しい

Dくん、やっぱり一途なんだな~と感心していたら、最近、別のチャットレディの子達数人と浮気をしているそうです(笑)

チャットレディの子はみんな優しいから、ついついよそ見を…と、よく分からない言い訳を何故か自分にしてきて回答に困ってしまった事は内緒です。

チャットしててどういう所が楽しい?と聞いてみた所、Dくんは「色んな子と話せる所」と即答。あんだけ悩んでいたDくんはどこにいってしまったのかと思う程生き生きと答えていたのが印象的でした。

 

ライブチャットは夢のサービス

面と向かって女の子と喋ることが出来ない事が悩みだったDくんは、今でも緊張こそするものの前と比べ、自ら進んで女の子を話せるようになってきたと言ってました。

慣れてきているって事かな?と軽く言ってましたが、Dくんとはそれなりに長い付き合いの自分からしてみると、ものすごい事です。

最後に彼は、

「ライブチャットとは、自分にドキドキをくれる 夢のサービス。」

という名言を残して去っていきました。

 

まさか、ライブチャットがきっかけで、あがり症が改善されつつあるとは…
Dくんと同じ様な方がいらしたら、是非お試しあれです!
 

▼ライブチャットで遊んでみたい!!という方はこちらをご覧ください♪▼

GTMが提携している国内ライブチャットサービス一覧

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。