女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

私がキックやBANをしない理由

2015.08.28 (Fri) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

私がキックやBANをしない理由

チャットレディとしてお仕事をする上で、俗にいう「マナーが悪いお客さん」とチャットをする時も少なからず存在するかと思います。

そんなチャットレディへの救済措置として、嫌がらせなどをしてくるお客さんとのチャットを強制的に終わらせる事が出来る 「キック機能」と、永久に自分とのチャットが出来ない様にする 「拒否機能(BAN)」を設けているライブチャットサービスがほとんどです。

嫌なお客さんと、無理にチャットをする必要はまったくありません。無理をすると精神的に追い詰められて、チャット自体をしたくなくなってしまいます。

そんな中、キック機能や拒否機能は一切使った事がない、とある通勤チャットレディの人にインタビューをする機会がありましたので、今回は使わないその理由をご紹介したいと思います。

 

なんで拒否をする必要があるのか分からない

 

GTMスタッフ

チャットの仕事中に、嫌がらせを受けたりした事がありますか?

 

チャットレディ K子さん

はい。あります。というより、ほぼ毎日ですね(笑)

 

GTMスタッフ

そうなんですね(汗) 結構、キックやBANを活用(?)してたりします?

 

チャットレディ K子さん

お店の人にも、「無理だったらチャット落としていいんだよ」と言われていますが、何でそうする必要があるのか私は分かりません。だからやったことないです。

 

GTMスタッフ

えっ!? 辛くないんですか!?

 

チャットレディ K子さん

だって、どんな理由でも私とチャットしたいって思ってくれてるのにそんなの失礼じゃないですか?私に興味を持ってくれてるからそういう事をしてるんだなって思うと、全然気にならないですね。

 

GTMスタッフ

ストロングハートですね…

 

チャットレディ K子さん

お店の人にはドM属性だなってよく言われてますけど(笑)

 

 

 

お客さんに感謝の気持ちを

K子さんからの話であったのは、もちろん稼ぐ事も意識していらっしゃいましたが、稼ぐためにそうしてるのではなく、お客さんへの感謝の気持ちを持つ事が、結果的に稼ぐ事に繋がっているという逆説的考えをお持ちになっていました。

稼ぐためにチャットをするというわけではなく、 チャットをすると稼げるという環境を作る事が重要なんだなと感じました。

 

 

 

まとめ

どんなお客さんでも、 自分とコンタクトをとってくれる = お金を自分に使ってくれているお客さんという意識を持ってお仕事をされているチャットレディK子さんのお話でした。

冒頭でも書きましたが、かといって無理をして仕事を続けられなくなってしまっては元も子もないので、無理はせずお客さんへの感謝の気持ちを忘れずにお仕事をする事から心がけてみてはどうでしょうか(^^)

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×