女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

稼げるチャットレディはお誘い上手♪

2015.09.30 (Wed) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

稼げるチャットレディはお誘い上手♪

どうも。

先程、同僚の皆さんに、子供服を大量にもらってタイムリーにテンション高めなぐっさんです。

もらった服の中に、よさ気な男の子用ダウンジャケットがあったので、 「これかっこいいから、息子に着させたいね」と嫁に写真を送ったのですが、即レスで 「却下」 と言ってきやがったものだから、お父さんテンションだだ下がり中です。

 

どうでもいい前置きはさておき、今回は都内の在宅チャットレディEさんから、通勤でお仕事をされていた時に知り合った、上位ランカーのチャットレディさんに教えてもらったという  稼げる秘訣 をご紹介させていただきます。

実際にEさんも実践して、その上位ランカーの人ほどじゃないにしても、結構稼げる様になったそうです。

 

タイトル通り、ポイントは  お誘いの仕方 
もちろんここでは、チャットにお客さんをお誘いする方法の事を指します。

稼げる秘訣はそこにアリ!! と力説していただきましたので、さっそくご紹介したいと思います。

 

稼げる秘訣は、「マメさ」と「エロさ」

どうやら、 マメでエロいお誘いが出来るかどうかがポイントの様です。

これだけでもそっか!と納得してしまう節もありますが、逆にいうと秘訣というほどではないのでは?とも思いましたが、話を聞いているとそういう事か~と参考になる所がたくさん出てきました。

 

あまり話した事がないお客さんには強くお誘いしない。

チャットレディEさん

1度くらいしか話した事がなくて、記憶に残っていないお客さんに、あんまり強くお誘いはかけない様にしてます。自分の事を覚えているかどうかの保証もないのと、しつこいと嫌われる可能性大なので。

それと誘う時は、絶対に一人ひとりに合わせてメール作ります。お客さん全員に送るときは、それが分かる様な書き方にしてますね。

 

自分という存在をまず知ってもらう事と、覚えてもらう事が重要だから記憶に残ってもらえる様にする。

という、チャットのお仕事の基本をチャット中以外で行う事が重要だとEさんはおっしゃっていました。

 

逆に常連さんには「マメ」な部分を全開に

常連さんは、既に気になってくれている人が多い為、どんどんお誘いしても問題ないそうです。

ただ、常連さんといえども、お仕事をしていたりと何かと忙しい時もあったりするので、お誘いメールをする時間であったり、お誘いの日程などもしっかりと調整してアプローチをするマメさがあると、自分の事を贔屓してくれる常連さんが増えていくそうです。

確かにマメな女性っていいですよね。

 

 

常連さんがいない時は、「エロ待機」で声をかけてもらう様に。

チャットレディ Eさん

エロ待機は絶対必須ですね。私は、ギリギリまで攻めます(笑)
待機中は誰かしらに必ず見られてるから、どう気を引いて声掛けしてもらうかを常に考えてますね。

 

チャットレディになりたての人は、まず常連になってくれるお客さんをつかまえなくては安定して稼ぐ事が難しいので、まずそこから始めましょう。

その為にオススメだというのが、 「エロ待機」という手法。

その名の通り、 エロい状態で待機をしてお客さんの気を引くという戦略だそうです。
(お恥ずかしながら、自分は初めて聞きました><)

 

 

 

別に「エロい事」をする必要はない。「雰囲気」が重要。

チャットレディ Eさん

私は「エロい雰囲気」さえ出せればOKだと思います。こないだ、たまたま見た子は、上目遣いをしているだけなのに、エロい雰囲気を醸しだしてる待機だったし、プロフも同じような雰囲気が出てるサムネだったから、すぐにパーティにはいって人集まってましたね。やっぱりエロさを出せているかどうかが稼げるかどうかのポイントだと思いますよー。

 

 

 

今回のまとめ

個人的には、Eさんのおっしゃっている事にすごく共感出来ました。特にエロ待機の話ですが(笑)

「エロい」というのは決して卑猥な事ではなく、セクシーさだったり妖艶さだったりと魅力的な女性に対して感じる要素の一つの事ですので、ノンアダルトを含むジャンルを問わず活用出来るお話だと思います。

 

 

「マメさ」は、お客さんを大切にする気持ち、「エロさ」はお客さんのココロを捕まえにいく手段。

言葉にすると簡単ですが、実践するのはなかなか骨がいるかもしれません。ですが、どちらも接客業には欠かせない要素です。

Eさんも少しずつ実践するようにしてから、稼ぎ具合が上向きに変わってきたとおっしゃっていましたので、もしまだ試していないようであれば、是非ご参考ください!

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×