女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

オールインワン化粧品は肌にいい?悪い?

2017.03.06 (Mon) Cat:GTM-Beauty-, 全ての記事, 美容

オールインワン化粧品は肌にいい?悪い?

洗顔後、たったひとつのアイテムで、すべてのお手入れが完了する オールインワン化粧品

まさに時短スキンケアと言えるものですが、果たして肌への効果はどうなのでしょうか。

それぞれのアイテムを単体で使用した場合との違いもご紹介いたします。

手軽で人気なオールインワン化粧品

皆さんがご存知の通り、オールインワン化粧品とは 化粧水・美容液・乳液がひとつになった大変便利なアイテムです。

洗顔後は、これひとつでお手入れができるということから、忙しい朝はもちろん、仕事で疲れて帰ってきた日のお助けアイテムとも言えます。

日焼け止め効果や下地がいらないタイプなどもアリ

最近のオールインワンは、日焼け止め効果があるものであったり、化粧の下地がいらないタイプなど、様々なものが発売していて、ますます便利になっているオールインワン化粧品。

しかし、今までいくつかのアイテムを使用して丁寧にケアしてきた人は

「本当にひとつだけでケアできているの? 十分なの? 」

と不安になってしまいますよね。

下記から、オールインワン化粧品のメリットとデメリットをもっと詳しく見ていきましょう。

オールインワン化粧品のメリット

715085f410aabd97b979344e68d2cfe0_m

オールインワン化粧品の大きなメリットを並べてみました。

・手入れが簡単

・お金&時間の節約が可能

・肌への負担が少ない

この3点がメリットとして挙げられます。

洗顔後、ひとつのアイテムで済むというのは非常に簡単で嬉しいものです。

化粧水・美容液・乳液を揃えるよりも安く済むというのも大きなメリットです。

日焼け止め、化粧下地が一緒になっているタイプなら、さらにスキンケアにかけるお金を節約することが可能なのです。

一番は『肌への負担』が少ない事

ひとつのアイテムで済むということは、 手が肌に触れる時間が少なくなります。

つまり、肌への刺激を最低限に抑えられるのです。敏感肌の方にとっては特に嬉しいアイテムです。簡単で節約ができキレイになれるのは魅力的ですよね。

オールインワン化粧品のデメリット

da90eed25c73ee4c88ff735e86f94be2_m

簡単で便利なオールインワン化粧品ですが、逆にデメリットはどうなのでしょうか?

・化粧水などを単体で使ったケアと比べると効果に差が出てしまう。

・箇所を絞って集中ケアが出来ない。

全商品に言える話ではありませんが、総合的に手入れを行えるオールインワンタイプと、単体ではどうしても効果に差が出てしまいます。

ひとつひとつのアイテムを、やさしく丁寧に肌に馴染ませることで浸透力・保湿力がアップします。

特に化粧水は浸透しやすく、スーッと入っていく感じがしますが、オールインワンタイプではそれを感じることは少ないでしょう。

全てを総合的に手入れ出来るからこそ、どこかに突出した効果を期待する事が難しいのが、オールインワンタイプのデメリットです。

重ね塗りが出来ない事もデメリット

単体使いですと、物足りないと思ったアイテムを重ね塗りすることが可能ですが、オールインワンタイプの場合、アイテムが一体化しているため集中ケアが出来ません。

オールインワンタイプで、集中ケアをしてしまう事で逆に肌を痛めてしまう場合もあるので、箇所を絞ってケアしたい場合は化粧水などは単体で使う様にしましょう。

GTMスタッフ独身女さんのオススメオールインワン化粧品

 


独身女さんからの感想はこちらです。

伸びもいいし、ベタつきもないし、意外に長持ちだし(ケチって使っているからかもしれないです)、化粧ノリもいいし、個人的にはお値段以上効果があるかと。

まとめ

メリット・デメリットを上げてみましたが、なんだかんだいっても仕事に遊びに恋に忙しい女子にとってやはり便利なオールインワンタイプ。

忙しくて、洗顔後に何もしないぐらいであれば、使用したほうが断然良いので、お助けアイテムとして常備しておくこともオススメです。

 

 

◆文: キキ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。