女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

お金をかけずに美肌へ…!! 3つのスキンケア節約術

2017.02.06 (Mon) Cat:GTM-Beauty-, 全ての記事, 美容

お金をかけずに美肌へ…!! 3つのスキンケア節約術

外部ライターのとーこです。

ゲームばっかりしていて目が悪くなったので、最近メガネをかけはじめました。

メガネを作りにいった時、そこそこタイプな男性の店員さんに「メガネ姿、お似合いですね」と言われ、無駄にテンションが上がってしまった私は、その店員さんに色目を使ったり、さりげないボディタッチを試みたのですが…何も進展せず玉砕していきました。

それでもめげず、これからセクシーなメガネ女子として生きていきたいと思います。

宜しくお願いします。

 

今回のテーマは、女性の誰しもが一度は悩む、美容に対しての出費について。

「美肌になりたいけれど、できればお金はかけたくない」

というのは女性の永遠のテーマですよね。

 

でも、ちょっとした工夫でお財布にやさしく、効果的にスキンケア出来る方法があるんです。

そんなおすすめなスキンケア節約術を、今回3つをご紹介します。

 

化粧水は安いものをたくさん使う

4c40fd9c9ab0e3579515dc2bc84744ee_m

スキンケアの基本である化粧水は、毎日使うものだからこそ出費が気になりますよね。

奮発して高いものを購入し、少しずつ大切に使っている人もいるかもしれません。

しかし化粧水はたっぷり惜しみなく使った方が、効果が高いとされています。

プチプラでも良いので、自分の肌にあったものをセーブせずに使いましょう。

 

質も大切だけど、使い方の工夫が最も重要

安い化粧水でも、使い方を少し工夫するだけで肌にしっかり浸透させることができます。

方法はとっても簡単。

 

1、使う時はしっかりとハンドプレスし、手の熱で肌に馴染ませるようにしましょう。

2、コットンやシートマスクに化粧水を含ませて、目元や口元など気になる部分に5分ほど貼っておくのも効果的。

 

お顔のパックは多くの化粧水を消費しますが、値段が安い化粧水だからこそ惜しみなく贅沢な使い方ができるのが嬉しいところです。

 

 

「水」を飲んで老廃物を除去!

69b66d9ad7bf0a25d7dbd3d74ac1eeef_m

モデルや女優さんなど美容に気を遣っている人は、普段から水をたくさん飲んでいるというのを聞いたことはありませんか?

人間が生きていく上で必要不可欠な水分は、美容や健康面から見ても、一日1.5~2リットル程飲むのが理想とされています。


私たちの細胞や血管には水が流れていて、その水が老廃物などを流すと同時に肌の水分を保ってくれています。

水が不足すると肌が乾燥し、シワなどの肌トラブルにも繋がってしまいます。

またしっかり水分を摂ることでお通じがスムーズになり、ニキビや肌荒れの原因となる便秘を解消してくれます。

 

常温の水をこまめに飲むとOK

一気飲みは体に負担となってしまうので、常温の水を何回にもわけて小まめに補給するといいでしょう。

軟水は美肌効果が高く、硬水は便秘解消により効果的とされています。

また美容に良いからと飲みすぎてしまうと、逆に体の負担となってしまうこともあるので適量を心がけてくださいね。

 

ベビーオイルで、ワンランク上のスキンケアを

ジョンソン ベビーオイル 無香料 300mL

 

これはもうすでに実践している人も多いかもしれませんが、ベビーオイルは保湿効果が非常に高いのでスキンケアに最適です。

ベビーオイルはもともと肌が敏感な赤ちゃんのために作られた保湿オイルなので、敏感肌や乾燥肌の人にも使えますし、コスパも良いという点から愛用者が増えています。

そして人気の秘訣はその活用法の幅広さにもあります。

 

ベビーオイルは万能

  1. 洗顔料に1滴プラスすると洗浄力UP♪
  2. リキッドファンデーションに少し混ぜると、きれいによく伸びる♪
  3. ボディオイルとして全身に使うと、お肌の潤い度UP♪。
  4. ヘアケアとして髪に使用して、傷んだ部分を補修♪
  5. メイク落としにも使えちゃう♪。

など、ベビーオイル1本で様々な用途に活用することができます。

普段のスキンケアにプラスしたり置き換えたりするだけで、保湿効果がアップするのです。

おまけにプチプラなので値段を気にせず贅沢に使うことができます。

ベビーオイルはドラッグストアや100円ショップでも購入できるので、まだ試した事がない人はぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

美容は、お金をかければかけた分だけ効果が出るものではありません。

一番大切なのは、自分にあった美容方法かどうかです。

今回、節約術としてご紹介していますが、もしかするとこれらの方法があなたにとってベストな美容法かもしれないので、まだ試した事がない人はぜひ一度試してみてくださいね。

 

◆文: とーこ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×