女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

ライブチャットで人気がある・ないの基準と人気になる方法

2016.09.07 (Wed) Cat:GTM -Jobs-, ライブチャット, 全ての記事

ライブチャットで人気がある・ないの基準と人気になる方法

チャットレディの人で、 「私、人気がない…」と悩んでいる方は、是非一度このブログをお読みください。

 

ライブチャットでは、 「人気を集めている売れっ子チャットレディ」という人たちが必ず存在しています。
また、その半面で「人気がないチャットレディ」という人も存在しています。

ただ、その「人気がないチャットレディ」のほとんどは 「自己申告」で、お客さん達が決めたわけでもなく、もちろんライブチャットでもそういったランキングなどは存在していません。

なので、「人気がない」というのに具体的な定義がないのですが、そういったチャットレディの人は、「チャットをしてくれるお客さんが少ない」と感じていて、それで自分は人気がないと思い込んでいる様です。

 

結論からいうと、誰からの目で見ても人気があるチャットレディになるには、 「あなた」を知っているお客さん達をどれだけ増やせるかが、大きなウェイトを占めています。

なので、人気になりたいと願うなら単純ですが、まず「あなた」を知っているお客さんを増やす事が人気チャットレディの近道になると言えます。

 

 

 

今回はその方法と、考え方をご紹介します。

 

 

多くのお客さんに自分を知ってもらうには?

お客さんは「あなた」を知らないだけ。 という可能性が高い

冒頭でもお伝えしましたが、人気がないのではなく単純に、お客さんが 「あなた」という存在を知らないだけの可能性が大いにあります。

毎日決まった時間にログインをしている人と、週に1、2回時間も不定期にログインしている人では、お客さんの認知度に大きな差が出ます。

思い当たる節がある人は、チャットをしてくれたお客さん、のぞきにきてくれたお客さんの他に「まだ見ぬお客さん」に向けても自分を覚えてもらえる様アピールをしてみる事を意識してみましょう。

 

ログイン頻度を高める、もしくはプロフィールを活用

一番良いのは、ログインをする日数を増やす事です。

こまめにひとことメッセージを変えてみるのもアリだと思います。

 

ですが、そうはいっても自分のライフスタイルを変えるのはイヤだ…本業もあるし無理…というご意見もあると思います。

ご自身のお仕事スタイルを無理に変える必要はありませんので、その場合はログインをしていなくてもアピール出来る プロフィール を活用してみましょう。

プロフィールの書き方については、ここに書き連ねてしまうと見づらいので、 3○歳独身女さんが前に書いたキャラの作り方などを書いたブログなどを参考にしてみてください。

 

 

「チャットレディ人気ランキング」の存在を気にしすぎない。

各ライブチャットの「チャットレディ人気ランキング」の存在も要因

某たくさんいるアイドルグループの総選挙がいい例ですね。

人気投票によって、昨年まで全く無名だった子が一躍全国区でスポットを当てられるチャンスが廻ってきます。

ライブチャットも同様で、人気ランキングの上位に入る事で自分を知っているお客さんが大勢増える事から、お客さんが集まりやすくなります。

これは間違いないです。

 

ランクインを目指した方がいいが、あまり固執しない方がいい

ランキング自体は決して悪い事ではなく、むしろモチベーションを上げる指標として非常に役に立ちます。

実際にランキングに入る事を目標に、頑張って頑張って頑張りぬいて、その結果、約半年後にランクイン&常連さんの数が3倍~5倍に増えたという例もあり、決して珍しい話でもありません。


ですが、ランクインしないと稼げない、お客さんがついてくれないという事は全くありません。

逆にランキングに固執する事で、お仕事面でも精神面でもマイナスが出てしまう可能性もありますので、

目指すけど、無理はしないでお客さんとの関係を大切にして、気づいたらランクインしてた

という理想の形を目指してみるのがいいと思います。

 

 

 

今回のまとめ

色々書きましたが、それぞれの好み・趣向を持ったお客さんが日々大勢利用している中、誰にでも人気があるチャットレディになるというのは非常に難しく、ほぼ不可能といっても過言ではありません。

なので、無理にそこを目指すよりも、今、チャットをしてくれているお客さんたちと上手にお付き合いしていく方が、本来の目的である「チャットレディとしてお金を稼ぐ」という事に繋がる事は間違いありません。

 

 

ランキングに入る事は、あくまでもお仕事を上手くいかすための方法論に過ぎません。

今出来る事として、人気があるないに固執しないで、多くのお客さんに自分を見てもらえる様に出来る限りの工夫をしてみましょう。

 

◆文: たっつ(GTMスタッフ)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×