女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

冷え性対策は冬だけ?ヘルシー美人は真夏も手を抜かない!

2017.07.11 (Tue) Cat:GTM-Beauty-, 健康, 全ての記事

冷え性対策は冬だけ?ヘルシー美人は真夏も手を抜かない!

女性の多くは冷え性を抱えていますよね。

寒がりな女性、特に足が冷えてる女性は多くいます。

自覚がない方も、自分の下腹や足を触ってみてください。

ヒヤッ!としたら 隠れ冷え性 な証拠。放っておくと体調を崩してしまいますよ。

 

ところで冷え性って、寒い時期だけの症状と思っていませんか?

冬だけ対策しているなら、ちょっと残念!

夏にもした方がいい理由がちゃんとあります。

 

夏にこそ危険な冷え性は加速する

近年の夏はとことん暑い!気温35度越えなんて珍しくもなくなりましたよね。

その代わり、室内のクーラーがやけに強すぎるって感じませんか?

バスや電車の逃げられない空間でガンガンに冷やされたり、せっかく素敵なカフェに入っても、クーラーの風が当たる席だと震えが止まらなくなってきたり。

職場は暑がりな男性が多いからエアコンの設定気温も低く、クールビズはどうした!?なんてことも。

もちろん服装は薄手、外で汗をかき、その汗をクーラーで冷やすの繰り返し。

このルーティンのせいで、 夏は冬より体を冷やしやすいんです。

 

夏の冷え性は、想像以上に危険

体の温度管理ができなくなると、自律神経を乱してしまいます。

自律神経が乱れると、身体の免疫力が落ちて病気にかかりやすくなり、生理は乱れ、肩こりがひどくなったり、突然頭痛が出てくるなんてことも。

真夏にしっかり体を守らないと、体はまいってしまいます。

先程書きましたが、夏は寒暖差がものすごく激しい季節ですので、体温調整が難しくなる為、風邪を引くといつもよりも長引く可能性も高いですし、下手をすると秋~冬にもその不調を引きずってしまうことになりかねません。

大げさではなく、これは本当です。

それぐらい身体の体温を適度な状態に調整しておく事は大事なんです。

 

だからこそ、夏の冷え性対策は健康の為にやっておく必要があります。

 

真夏にすべき冷え性対策

真夏であっても、体を冷やさない工夫をしましょう。

たとえば外出時は薄手のカーディガンを持ち歩き、室内で羽織ったり、ひざ掛けにするのがおすすめです。

軽量タイプの商品があるので、思いのほか荷物にはなりませんよ。私も小さく丸めて持ち歩いています♪

 

簡単に出来る事として…「●●をつける」がオススメ

夏の冷え性対策でもっとも簡単にできるのが 「腹巻」 をつける事です。

薄手のものでも構いません。寒い室内にいるときにさっと装着すればOKです。

その理由は、お腹が冷えると血液はお腹に集中してしまう為、お腹が温めることによって血液は体の先端までキチンと循環してくれるので、手足の冷えを緩和してくれるようになるんです。

真夏は冷たいものを食べたり飲んだりするから、内臓が冷えやすくなりますので、せめて腹巻でお腹の冷えを和らげてあげましょう。

ちなみにお腹を温めて体温を上げておくと、実は ダイエット効果が期待できるそうです!

低体温で痩せにくい体質の方は、ぜひ試してみてくださいね。

(実証されているわけではなさそうなので、参考までに)

 

【PR】

シルク95%使用!選べる3枚セット♪締め付け感ゼロ!!シルク腹巻き【日本製】///【マタニティ 腹巻き シルク】【腹巻 レディース 夏】【腹巻 メンズ】【冷え取り】【薄手 腹巻】【温活】【メール便送料無料対象商品】

価格:3,240円
(2017/7/6 13:08時点)
感想(1477件)

 

夏だからこそ、「入浴」が効果を発揮!!

冬だけじゃなく、夏も湯船につかってみてください。

夏はシャワーの方が気持ちいいけど、お湯につかるとすぐに体全体を温められますし、汗をかいて不純物も流れデトックス効果も期待できますし、血行がよくなる事で身体のリセット効果がものすごく高いんです。

疲れをとるなら、まずお風呂にはいろう!というのは間違いではなさそうです。

入浴剤を入れて、軽くマッサージしながらお湯につかった次の日は、シャワーだけの時より顔色が断然よくなります!

 

【PR】

【楽天ランキング連続1位!】国産エプソムソルト 10kgパック★計量スプーン付き【送料無料/あす楽】レビュー数が人気の証です♪【エプソムソルト・バスソルト・自然派入浴剤のメーカー直営店】

価格:3,500円
(2017/7/6 13:20時点)
感想(2849件)

 

まとめ

とりあえずすぐ出来る事として、時々はお腹や足を触って、確かめるクセをつける様にしてみてくださいね!

冷えた空間に居続けると、自分の体の冷えに鈍感になってしまっていることもあるので、ちょっと冷えてるかも…と思ったら、靴下を重ね履きしたり、ショートレッグウォーマーで足首だけを温めるのもいいですよ。

面倒でもこれらを持ち歩いて、社内でだけこっそり装着すると、体がだいぶ楽になります。

 

厳しい真夏にこそ、しっかり冷え性対策をしておきましょう!

 

◆文:サクラマチ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×