女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

アダルトライブチャットレディの心得

2015.12.24 (Thu) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

アダルトライブチャットレディの心得

アダルトチャットレディとは、ライブチャットのジャンル「アダルト」に出演しているチャットレディのみなさんの事を指します。

主な特徴として、

  1. 「アダルト行為」が出来る人のみが参加出来る。
  2. ノンアダルト・マダムと比べ、獲得出来るポイントが多い。
    (2ショット・双方向チャットにおいて)

が挙げられます。

ノンアダルトやマダムと比べ、お客さんの目的が 「エッチなトークとエッチな事」とハッキリとしているからか、アダルトチャットは稼ぎやすいというイメージが強く、最もチャットレディが出演しているジャンルです。

今回は、そんなアダルトチャットに出演されている在宅チャットレディのGSさんに、アダルトチャットレディとしてお仕事をする際のポイントをお聞きしましたのでそちらをご紹介したいと思います。

 

パーティチャットにお客さん呼び込む

パーティチャットにお客さん呼び込む

 

在宅チャットレディのGSさん

アダルトはパーティがメインです。最初は話がごちゃごちゃなるじゃないかと思って、2ショットの方がいいなって思っていたんですけど全然そんな事なくてむしろパーティの方がチャットが盛り上がる時が多いです。

 

アダルトチャットの多くは、 パーティチャットをメインにするケースがほとんどです。

パーティチャットの特色として、2ショットチャットと違い1対1ではなく、 1対複数人でチャットをする事になります。

※もちろんお客さんが1人の場合は1対1となりますが、アダルトでのパーティチャットの場合、1対1になる機会は少ないです。

 

ただ、GSさんのお話でもあった様に、複数人とチャットするからといって、全員と違う話をしなくてはいけないという事はありません。

映っているチャットレディを見ながら、その雰囲気・シチュエーションに併せてみんなが話しますので、話がアチラコチラに飛ぶ事はほぼありません。

だからこそ、パーティチャットに人を呼びこむ事が、アダルトチャットで稼ぐ秘訣となるのです。

 

のぞきさんでもOK。『自分の事を見てくれる人』を集める事に全力投球

アダルトチャットは、アダルト行為をさせたい見たいという欲求をもったお客さんが集まっているので、その欲求に応える事で、多くのお客さんが集まりやすくなります。

ただ、欲求に応えるだけでは思っている以上にお客さんは集まりません。

そういった時に使うのは、 「ひとことメッセージ」です。

 

ひとことメッセージは、お客さんを呼び込むための「最強の武器」

以前にブログで紹介していますが、 ひとことメッセージを使う事で現在のチャットの状況が見れないお客さんの興味を引くことが出来ますので、極力マメに更新していく事をオススメいたします。

 

※参考記事※
チャットレディは「ひとことメッセージ」が稼ぎポイント★ -GTMブログ-

 

「脱ぎ」はじらしすぎない。

「脱ぎ」はじらしすぎない。

在宅チャットレディのGSさん

チャットが繋がって、お客さんが2人以上集まったら脱ぎ始めて、だいたい 5分くらいで上は脱いじゃいます。でも絶対に 乳首は隠して手ブラにしてます。見せてって言われた時にちょっと見せるくらいにしてます。

 

意外に意識されている事が少ないのですが、アダルト行為の一つである、着ている服を脱ぐ、いわば「脱衣」の仕方によって獲得ポイントが大きく変わってきます。

お客さんによって、もっとじらして欲しいと思っていたり、すぐに脱いでほしいと思っていたりとする為、一概にこれぐらいの時間がベストというのは決める事が出来ないものですが、GSさんは 早いタイミングで脱いでからじらすという方法をとっており、それが稼げるポイントだと考えていらっしゃいます。

 

第一はお客さんの要望に応える。

チャットはお客さん達に見られているいわば舞台の様なものですので、お客さんが楽しいと思ってくれない限り、チャットが続く事はありません。ただ、普通の舞台と違って、お客さん自ら要望が出来るというのがライブチャットの醍醐味の一つですので、第一はお客さんが望む事に応えるという事を考えてライブチャットの仕事に臨みましょう。

 

 

今回のまとめ

どうでしたでしょうか?

こうやって文章にすると当たり前の事の様に思えますが、チャット中にそれらを意識してやる事は意外と難しいです。

今回はアダルトチャットをやられているGSさんのご意見の為、「脱ぎ」という所に限定した話も出てきましたが、見方を変えると他ジャンルでも共通して言える事でもありますので、参考にしてみてくださいね。

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×