チャットレディ求人なら、GTMグループで!在宅でお仕事可能・通勤ルームも全国各地にあり! ライブチャット代理店も募集中!

彼氏ができたら試してみて♪恋を盛り上げる3つのおまじない

2018.02.02 (Fri) Cat:GTM -Love-, 全ての記事, 恋愛・結婚 

彼氏ができたら試してみて♪恋を盛り上げる3つのおまじない

彼氏ができた!

そんな嬉しい気持ちをさらに盛り上げたいと思うのが女の子というもの。

そこで、彼氏ができたばかりの人に、私がものすごくおすすめしたい3つのおまじないがあります。

付き合い始めだからこそ意味のあるおまじないなので、彼氏ができたばかりの人はもちろん、現在、彼氏募集中の人にもぜひぜひ知っておいて損はありません!

それでは伝授いたします!

 

1つめのおまじない「自分の香りを決める」

「香りの記憶」って、とってもロマンチックなもの。

好きな人がまとっている香水の香りを、すれ違った人から感じてしまうとキュンっとした気持ちになりませんか?

ロマンチックからかけ離れちゃいますが、住宅街を歩いていてどこかの家からカレーの匂いがしてきたら、お腹が鳴ってしまったなんてこともありますよね?

普段は意識しなくても、香りには潜在意識に強い記憶を刻み付ける力があります。

彼と付き合い始めたのなら、香水でも柔軟剤でも構いませんから、自分の香りを決めてしまいましょう。

 

強すぎる香りより、「かすかに香る」くらいがベスト

男性はきつい香りが苦手が人が多いので、ちょこっと香る程度でOK。

シャンプーやボディクリームの香りでも問題なしです♪

会って、香りを感じるたびに、彼は胸がいっぱいになりますし、彼の車や部屋に残り香をおいていけば、一人の時にも彼女を思い出してしまいます。

自分の香りを彼に覚えさせ、彼の潜在意識の中に自分を刻み付けましょう。

 

 

【余談】「音」にも強く記憶を残す力があります。

昔によく聞いていた曲が流れると、ふと嬉しい事だったり、悲しい事を思い出したりしませんか?

音楽にも同じ様に「記憶」を残す力がありますので、彼とお互いの好きな曲を共有するのもアリですよ。

 

 

2つめのおまじない「自分の弱みをつくる」

弱い女の子を守ってあげたいのが男性の本能。

「これだけは苦手!」という弱みを彼に覚えてもらいましょう。

たとえば、虫が苦手で見ただけで絶叫するとか、握力が弱すぎてペットボトルのふたを開けるのに苦戦する…なんて、些細なことで全然OKです。

虫が飛んでくれば過剰に追い払ってくれますし、ペットボトルのふたも毎回開けてくれるようになります。

ちょっとのことでも「彼女の役に立てる俺」を満喫することができ、会うたびにプライドが満たされるように心がけてみましょう。

 

必要とされていると思ってもらう事が重要

男性は、彼女にとって必要な自分を認識することで、彼女への愛を深めるようになります。

ビックリするほどくだらないことでもいいので、自分の弱みを教えて「私にはあなたが必要」というのをアピールしてみましょう。

でも過剰なアピールは禁物ですよ!何事もほどほどに…。

 

3つめのおまじない「二人だけのルールを決める」

「会ったら最初に絶対ハグする」

「デートのランチは必ずカレーを食べる」

 

などなど、普通はしないようなことを二人でルールにしてしまい、必ず守るようにしてみましょう。

一般的ではなく、二人だからこそできるバカバカしいルールほど効力があります。

二人にしか分からない秘密を決めることで、二人の仲がとっても特別なことに思えてくるはずです。

 

 

ルールは素敵な「想い出」になる

人同士の付き合いは何が起こるか分かりません。

いつかはケンカをしたり、マンネリ化したりすることも…。

でも、「絶対にやろうね!」と決めたルールに従ってみると、付き合い始めの頃の新鮮な気持ちがよみがえり、「なんでこんなこと決めたんだろう?」って、懐かしくて笑えてしまうときもあります。

私の知り合いで、付き合ってすぐに同棲した彼に「1日に一回ムギューっとする」という、要はハグを毎日するということをルールにして、そのまま結婚した子がいますが、もう10年近くたった今でもほぼ毎日ムギューっとしているそうです。仲良しですねホント。

※どうやら何かのアニメで「ムギュー」というセリフがあったみたいで、それに影響されたようです。

 

こんなように、二人の未来が笑顔になれるような、おもしろいルールを考えてぜひ実行してみてください。

 

まとめ

できれば長く、幸せなお付き合いを続けていきたいですよね。

最初にかけるおまじないは、そんな気持ちを叶えてくれる方法です。

恋愛を盛り上がるとっておきのおまじないで、彼との楽しい日々を過ごしてくださいね。

 

◆文:サクラマチ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください