チャットレディ求人なら、GTMグループで!在宅でお仕事可能・通勤ルームも全国各地にあり! ライブチャット代理店も募集中!

ガサガサ唇とはサヨナラ!試して分かったウルウルリップの作り方

2018.02.27 (Tue) Cat:GTM-Beauty-, 全ての記事, 美容

ガサガサ唇とはサヨナラ!試して分かったウルウルリップの作り方

唇がカサついて、常に皮がめくれてしまっていませんか?

私も常に唇から皮が浮いているか、喋るたびにガサガサと音がしそうなくらい荒れた唇をしていました。

血だらけで汚いうえに老けて見えるし、自分でも不快でしょうがない!

そんなわけで、あらゆるリップケアを模索し、情報を探し、試してよかった方法をご紹介します♪

 

リップクリームを縦に塗る

実は、リップクリームを 唇左右に塗るのはNG なんです!

摩擦が起こって、荒れた唇がより刺激を受けて荒れまくってしまいます。

唇って横長の形状だけど、シワは縦に入っていますよね?

つまり、 リップクリームは縦方向に塗るのが正しいんです!

 

とっても低い塀を「ペンキ」で塗ると考えてみましょう

いくら塀が低くても、横長に塗ってはペンキはキレイに塗れない気がしませんか?

動作が多くて面倒でも、縦方向にペンキを塗っていったほうが均一にキレイに塗れそうですよね。

同じように、リップクリームも縦にちょいちょいと動かしながら塗っていきましょう。

縦ジワが気になる人は、指で軽くシワを広げながら塗るのも効果的です。

顔のシワだって、シワを伸ばしながらクリームを塗り込んだ方がいいって言いますよね。

少々手間でも、これをやるだけでリップの潤いが長続きしますよ。

 

リップクリームを指で塗る

荒れがひどい時は、リップクリームを縦に塗っても刺激になることも…。

そんなひどい症状のときは、リップクリームを指でとり、唇に押さえるようにして塗布しましょう。

こすらないから刺激になりませんし、指先の温度でクリームが柔らかく溶けだします。

温めることでより保湿効果が高まり、指の圧によって密着度がグンッっと増しますよ。

 

ポイントは「優しく」

この時は強く押さず、優しくそっと押してあげるのがおすすめです。

時間はかかりますが、硬い唇が柔らかくなり、血色もよくなります。

唇がプックリして赤みを帯びるだけで見た目がよくなるので、トイレでこっそりやって、午後のお疲れ顔を回復させています。

 

○○の前にリップクリームを塗る

普通は食事の後、歯磨きの後にリップクリームを塗りますよね。

ですが、食事や歯磨きの前にリップクリームを塗った方がよかったりするって知ってましたか?

歯磨き粉や食事の時に唇に付着する調味料などは刺激が強いことも。

確かに歯の汚れを落とすほどのものや塩やタバスコが、外気に触れている粘膜に当たって平気なわけがないですよね?

だからこそ食事の前、歯磨きの前にリップクリームを塗ってガードしておくのがおすすめです。

ガードのためだから、安いリップクリームで構いません。

 

なるべく無香料のものを使った方がいい

無香料のものをサッと塗り、唇に馴染ませてから食べたり、歯を磨いたりします。

これだけでも唇の皮むけが起きにくくなりますし、無香料であれば変に混ざり合って気持ち悪くなることはありません。

食事の後、歯磨きの後には唇に付着したものを優しく拭ってからリップを塗布してくださいね。

手間はかかるけれど、その後のリップメイクがしやすくなります♪

 

花王 ニベア リップケア無香料 3.9G

価格:321円
(2018/2/27 12:56時点)
感想(0件)

 

まとめ

乾燥に弱い唇は、ちょっとの刺激にも弱いもの。優しく丁寧にケアして守ってあげてくださいね。

私も唇を過保護にケアするようになったら、皮むけもだいぶ収まってきました!

唇がウルウルしているだけで女度はあがるもの。

ぜひぜひ丁寧なケアを心がけてくださいね。

 

◆文:サクラマチ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。