女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

最近トキメキがない・・マンネリ化を防ぐ方法!

2016.09.26 (Mon) Cat:GTM -Love-, 全ての記事, 恋愛・結婚 

最近トキメキがない・・マンネリ化を防ぐ方法!

出会った頃はあんなにラブラブだったのに、今ではマンネリ化してしまい恋愛感情が薄くなった…と感じている人、心配する必要はありません。

それはトキメキがなくなったのではなく、普段の生活があまりにも当たり前になってしまい、ちょっと刺激が足りないだけです。

色々な方面から適度に刺激を与えていけば、付き合いたての頃のようなドキドキ感が復活するようになるでしょう!

 

相手のいいところを見つけよう!

ずっと一緒にいると相手の存在が空気のようになってしまい、たとえ相手が掃除や料理をしてくれても当たり前になってきます。

そんな状況を打破するためには、相手の長所を見つけてしっかりと褒めることが大切なポイントになってきます。

「掃除してくれてありがとう、助かったよ」の言葉だけでも、マンネリカップルにとっては新鮮な刺激になることでしょう。

 

自然体の行動を褒める。

相手のいいところを効率的に褒める方法としては、相手が特に気にして行ったわけではない、いわば自然体の行動を褒めることです。

相手に「こんなことでも褒められた。この人はしっかり自分のことを見てくれている」と思わせることができるでしょう。

タイピングの早さ、駐車のうまさ、箸の持ち方、近所の人に会ったら必ず挨拶することなど、観察してみると意外と多く長所はあるものです。

 

「ありがとう」は魔法のコトバ

冒頭でも書きましたが、一緒にいすぎると、彼が気を遣ってくれていても感謝しないことが多くなります。

もし思い当たる節があるようでしたら、彼が何かしてくれた時に「ありがとう」というようにしましょう。

それだけで、彼も嬉しいはずですし自分も彼へ感謝を伝えることで、気持ちが晴れ晴れとしてくるはずです。

それくらい感謝の気持ちを伝えるというのは効果的なんです。

 

不満があるならしっかりと伝える!

長年添い遂げられるカップルは、お互い言いたいことを言い合い、ストレスをためないという特徴があります。

相手を思いやるあまり自分の本音を閉じ込めてしまい、不満を溜め込んではいませんか?

このような事態が長く続くと、相手に何も期待しなくなり、無関心になっていきます。

そんなカップルには、恋愛関係が破綻する未来が待っているかもしれません。

 

不満を伝える時はポジティブに

きちんと言葉に配慮をしながら伝える不満は、相手の心に届くものです。

相手を貶める言い方ではなく、こうすれば関係はもっと良くなるという方向で伝えてみましょう。

マンネリ化を防ぎたいのなら、一度お互い腹を割ってきちんと話し合いをすると良いでしょう!

 

 

彼がいなくなった時の自分を想像してみる

今現在どんなに彼に対してトキメキを失ったとしても、「彼がいなくなったら…」と想像してみてください。

一人ぼっちで過ごす日曜日や、記念日にいつも行っていたレストランの隣の席にもう彼がいなかったとしたら…?

そこでとても悲しい感覚に襲われたら、彼に対する愛情がまだ残っている証拠です。

 

まったく寂しくないと思ったら、「彼と一緒にいる意味」を考えましょう

マンネリ化を防ぎたいと思っている時点で、彼にこうしてほしいああしてほしいなど要望があるということなので、彼がいなくなって寂しくないという人はいないと思いますが…もしそう思った人は、彼となんで一緒にいるのかを考えてみましょう。

好きだけどトキメキがない…と思う人は、彼のどこが好きなのか、どんなトキメキがほしいのかと自問自答をしていきましょう。

そうやって自分の気持ちをどんどん掘り下げていくと、彼と一緒にいたいと思う理由やこうして欲しいという要望が出てくるはずです。

 

今回のまとめ

何がともあれ、マンネリ化は自分から何かアクションを起こして解消するのが一番です。

自分が彼に対してどういうことを望むか、彼が自分に対してどういうことを望んでいるのかを考え、実行することがマンネリ化を防ぐ最善の道です!!

めんどくさい…と思うかもしれませんが、彼と末永く付き合っていきたいと思うのであれば、自分で出来る最善の努力をしてみましょう!

 

 

◆文: キキ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×