女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

チャットレディは「意識させる事」が重要!! 男心をくすぐる方法

2016.09.09 (Fri) Cat:GTM -Jobs-, チャットレディ/ガール, 全ての記事

チャットレディは「意識させる事」が重要!! 男心をくすぐる方法

チャットをしてくれているお客さんに、常連さんになってもらう。

 

これはチャットレディの皆さんが常日頃考えているだろう事だと思います。

でも、お客さんの好みは千差万別なので、「これなら確実に常連さんになってもらえる!」 という方法はない為、なかなか毎回チャットをしに来てくれるお客さんをつかまえられない…そういった悩み事は後を絶ちません。


ですが、その人にあったお客さんの 男心 をくすぐる方法というものは必ずあります。

今回は、 「この方法がワタシにあっている」 と思って試し続け、常連さんになってもらう確率を上げる事が出来たというチャットレディのD・Fさんから、D.Fさんなりの「お客さんの心をくずぐる方法」を伺いましたので今回ご紹介したいと思います。

 

あえて露出が少ない服装でチャットに出演

あえて露出が少ない服装でチャットに出演

主にアダルトチャットに出演されているD・Fさんですが、 あえて露出がほとんどない服装を毎回選んでいるそうです。

アダルトチャットと言えば、露出度が高い服装でセクシーさをウリにする事が一般的だと思われており、実際にそういった色気たっぷりな待機をしている人が多いのですが、実はどのジャンルにもどのライブチャットサービスにも、 服装に関して「こうしてください。ああしてください。」という規定は一切ありません。

D・Fさんも、最初は同じ様に露出度が高い服装でアピールをしていたそうですが、お客さんの入りがまばらで悩んでいた時期が続いていたそうです。

 

チャットレディ D・Fさん

別に胸が大きい訳でも、エロい身体をしているわけでもないのに、肌出したり、谷間見せたり、おしり見せたりしても意味がなかったんですよね。

もちろんそれでもお客さんは来てくれてはいましたけど、なかなか毎回来てくれる人がついてくれなくて。
それなら、別に わざわざそんな格好しなくてもいいじゃんって思ったのがきっかけです。

 

露出が少ない事で、お客さんの想像力を掻き立てる

以前にご紹介した、 「着るだけで稼げる!? チャットレディ の人気コスプレ3点」のブログ でもご紹介しましたが、お客さん全員ではないにしても、露出が少ない方が想像力を掻き立てる事が出来る為、男心をくすぐれる傾向があります。

 

D・Fさんもまさにそれを実践したという訳です。

 

 

でも、脱ぐ時は焦らしすぎないように気をつける

D・Fさん曰く、そういうムードになったら お客さんの気持ちが萎えちゃうのを避けるために、スススーと脱ぐ事が多いそうです。

お客さんと対面している事を意識した考え方ですね。

でも、脱ぎづらい服装ばかりを選んでしまうそうで、なかなかスムーズに脱げず、結果、脱ぎ途中で 「僕が脱がしてあげる…」 といった、お客さんとの会話ポイントが生まれているそうです。

結果オーライというやつですね。

 

 

カメラを「お客さん」だと意識すると、自然と男心をくすぐれる

カメラを「お客さん」だと意識すると、自然と男心をくすぐれる

チャットレディ D・Fさん

見せなくなってから、お客さんがちょっと減ったかなって心配になってました。

でも、ある時ふと、 チャットしてくれる人がちゃんと「トーク」から入ってくれる事が多くなったのに気づいたんです。だから、結果的に前と比べてチャットの時間がまばらにならなくなったのと、お客さんから待ち合わせをしてもらえる事も多くなりました。

何でだろう…と思って、お客さんに聞いてみたら、「視線がエロい」とか、「ドキドキする仕草ばかりするから」とか言われて私なんかやったっけなぁ…と思って考えてみたんですけど、 多分、 カメラをお客さんだと思って」 ってアドバイスされて、それからカメラを意識するようにしてたからかなって思ってます。

 

ウェブカメラは、お客さんとチャットレディを視覚的に繋げてくれる、いわば二人のコミュニケーションの生命線

そこに意識を向けるという事は、必然的にお客さんに向けて意識を向けるということになります。

意外にこれを出来ていない人が多く、「画面」の方を見てしまって、目線が下を向いてしまっていたりする人も少なくありません。

チャットレディのD・Fさんもその1人でした。

それに気づいて意識をする様にしてから、普段している仕草や目線でも、カメラを通してお客さんにダイレクトに伝える事が出来、結果、 本来のD・Fさんの魅力に気づいたお客さんがついてくれたのではと思われます。

 

「上目遣い」はかなり効果的

定番ですが、D・Fさんが仕草で一番意識したのは、 上目遣い だそうです。

ずっとじゃなくて、たまにやるのが効果的な様です。

タイミングとしては、本当に?と尋ねる時だったり、甘えたいなという時にするのがベストとの事。

 

 

今回のまとめ

ジャンルが何であろうと、チャットレディとのコミュニケーションを楽しもうと思ってくれるお客さんが、チャットレディにとって 「良いお客さん」だと思います。

 

D・Fさんは、露出が少ない服装で想像力を掻き立て、お客さんを意識してチャットをする事で、相乗効果で『良いお客さん』についてもらう事に成功しています。

あくまでも一例の話ではありますが、お客さんを意識する事はいつでも実践出来る事なので、もし、画面の方を見ている事が多いな…と思うチャットレディの人は、一度カメラに意識を向けてチャットをしてみるといいかもしれませんね。

 

◆文: ヒミツさん(GTMスタッフ)

 

 

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ブログ検索

 

 

×