女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

実は恋の救世主!? 『不倫』というジャンルが流行り続ける理由

2017.09.25 (Mon) Cat:GTM -Love-, 全ての記事, 恋愛・結婚 

実は恋の救世主!? 『不倫』というジャンルが流行り続ける理由

恋愛すると、相手の一挙一動に不安になったり、ドキドキしたり『自分だけを見てほしい』『安心したい』って思いますよね。

けど、一緒に住んだり結婚したりすると…すっかり安心しきってしまって、今度は『ドキドキが欲しい…』と思ったりするもの。

なんて身勝手な事を考えちゃうんだろう…というのも恋愛あるあるですよね。

そんな時に、手っ取り早くドキドキを求める手段として、 許されざる恋愛をテーマにした作品 を見てみる人が大多数かと思います。

 

最も王道なのは、 『不倫』 をテーマにしたものです。

近年でいえば、上戸彩さん主演の「昼顔」が大流行したのを思い出しちゃいますね。

別に後ろめたい事はなかったのですが、私、旦那サンに隠れて、それこそ昼間にこっそり何度も見ちゃうくらいドハマりしてました(笑)

最近もそういったニュースばかりで、いち読者・いち視聴者としては正直うんざり気味になってはいますが、昔から『不倫』をテーマした話題や作品は定期的に流行してしまうもの。

実はそれは、こんな理由があったりするんです。

 

人は「ドキドキ」が大好物だから

コレ以上にないくらいシンプルな答えです。

俗にいう 「刺激が欲しいから」 というやつですね。

ちょっと難しくいうと、 人は自分に「ストレス」をかける事で快感を感じる生き物 だからです。

 

いい例として、遊園地でわざわざスリル満点のジェットコースターに乗りにいったり、お化け屋敷にいったり、日常生活でいえば仕事で目標を自分で掲げてそれに向けて頑張ったり、ギャンブルにハマったりするのも、ストレスを自分にかけてそれを快感に感じているからなんです。

恋愛に関しても同じ事がいえます、安心の中に身を置きつつ、ドキドキしたいんです。

本当に欲張り(笑)

 

 

安定を手にすると…人は刺激が欲しくなる

恋愛の頂点は、気持ちが通じ合った時、付き合えることになった時、プロポーズされた時なんかはもう、脳内恋愛アドレナリン出まくりなわけです。

でもその頂点を極めると、今度は『ドキドキしたい』『ときめきたい』って勝手な事を思うのが人というもの。

恋愛マンガやドラマ見てても、ただ順風満帆な恋愛のうまくいってる物語ダラダラ見ても面白くもなんともないですもんね。

気持ちがすれ違ったり、恋敵が現れたり、どちらかが浮気しそうになったりして、ハラハラしながら見るのが面白いと思うわけです。

だからこそ、そういうストレスを日常に求めてしまうのは、もう本能と言っても過言ではないのではないのでしょうか?

 

でも、やっぱり「安定ありき」のドキドキを世間は求めている

いくら、トキメキが欲しいって言っても、ずっと不安だったり、相手の気持ちがわからなかったり、ケンカばっかりしてたら、身が持たないし、精神的にやられちゃいますよね。

これは悪いストレスなので、先述の様にストレスを快感へ変換出来ません…。

だからこそ、『自分だけを見てほしい』『安心したい』という気持ちの土台を固めたいというところが先行し必死になります。

でも、安定すると…刺激が欲しくなる⇒刺激を得ると、今度は安定が欲しくなる⇒…… といった形で無限ループが起きます。

これがうまく循環していると、恋愛がマンネリ化しづらく、常にトキメキと安定がある状態でお付き合いが出来るようになります。

それをうまく回してくれる刺激というのが、「許されざる愛」といったトキメキになるわけです。

 

 

まとめ

一般の倫理観で考えると、不倫はどうしても「悪」というイメージになってしまいますが、恋愛を長続きさせる為、よりお互いの気持ちを熱くさせる為と考えると、不倫というジャンル自体は恋愛にとっての救世主であり、適度なスパイスとして世間には必要とされている要素なんじゃないかなと思います。

都合のいい解釈と言われてしまいそうですが…(苦笑)

 

今、現在、刺激が足りない…もっとトキメキたいと思っている人は、是非、許されざる燃え上がる恋を映像で見て、トキメキの満足度を上げてみましょう><

 

▼オススメ▼

昼顔~平日午後3時の恋人たち~ DVD BOX [ 上戸彩 ]

価格:19,443円
(2017/9/22 13:46時点)
感想(1件)

夜明けの街で 特別版 [ 岸谷五朗 ]

価格:4,568円
(2017/9/22 13:49時点)
感想(1件)

 

◆文:チームWL(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。