女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

チャットレディは安全なお仕事?危険?どっち?

2017.09.29 (Fri) Cat:GTM -Jobs-, ライブチャット, 全ての記事

チャットレディは安全なお仕事?危険?どっち?

みなさんは 安全じゃないお仕事 というとどんなお仕事を想像しますでしょうか?

ビルの窓拭き? 工事現場? それとも法に触れちゃうお仕事? 肉体的なのか、法的なのか、それ以外なのかという所でも安全かそうじゃないか基準がバラバラなので、誰に対しても100%安全ですと言い切れる仕事を見つける事の方が難しいです。

「チャットレディは「安全」なお仕事です。」 

と宣伝される事が多いライブチャットでのお仕事ですが、「本当にそうなのか?」「そんなに強調されていると逆にあやしい…」など、 いくら安全だ安全だと言われていても、不安に感じている人は多いのではないのでしょうか?

GTMでは「チャットレディは安全な仕事」だという事を、みなさんに強くオススメしている訳ではありませんが、それでもGTMを信じてくださってチャットレディに応募してくれた大勢の人たちの中にも、チャットを始める当初はちょっとした「不安」をお持ちだった人たちもいらっしゃった事から、上記の推測は間違ってはいないと思います。

 

今回は、そんなチャットレディのお仕事に対しての不安を持っているみなさんに向けて、あえて

「チャットレディは危険な仕事」と言われている理由

と、それに沿った実情をご紹介します。

その方が、「チャットレディは安全」だと言われる理由を知るよりも、チャットレディというお仕事に対して理解を深めていただけるとかと思います。

 

「チャットレディは危険な仕事」と言われている理由とその実情

最初に、結論からお伝えさせていただきます。

「チャットレディ」という仕事は安全なのかそうじゃないのか。

それを決めるのは、わたしたちではなく アナタ次第 です。

 

これから、間違っている情報は「間違っている」とハッキリ断言していきますが、人によって捉え方が違うと思われるケースは、「見解」としてご紹介します。

それを踏まえて、下記をお読みになっていただけると幸いです。

 

「登録したら退会出来ない。退会するのに費用が発生する。」

登録したら退会出来ない。退会するのに費用が発生する。

チャットレディに登録したら最後。もう二度と退会が出来ない。

退会しようとすると、とても払えない金額を要求された…。

チャットレディ登録するのに身分証明書のコピーを送っているから、逃れられない…。

といった、どこかで聞いた事がある様な酷い噂話があります。

そんな極悪非道な制度が当たり前のようにあったら、某ニュースで速報が出ちゃうくらいの大事件です。

 

チャットレディの退会はいつでも出来ます。費用もかかりません

チャットレディの登録および退会をするのに、ご本人の意思とその旨の連絡があればいつでも出来ますので、この噂は全くのデタラメです。

もしかすると、密かにそういった制度のライブチャットサービスが存在しているのかもしれませんが、少なくてもGTMが提携している国内大手ライブチャットサービスにおいて、そんな制度がある所は一つもありませんし、費用がかかるなんて事は一切ありません。

 

 

「個人情報が流出されてしまう。」

「個人情報が流出されてしまう。」

登録する時に送った身分証明書の画像を、業者に売られてしまうのではないか。

お客さんに自分の個人情報がバレてしまうのではないか。

こちらは実際に、GTMでも問い合わせで来ている内容です。個人情報が流出してしまう事で、自分が予想していない事態が起きてしまう…とお考えの方が非常に多くいらっしゃいます。

少なくても、ライブチャットサービスから故意に個人情報が流出される可能性については「ない」と断言出来ます。

「個人情報の流出・漏洩」をしてしまった企業のニュースがちらほらとありますが、ああいったニュースが流れる事で企業のイメージがとことんダウンしてしまいます。

イメージがダウンするという事は信頼をなくしてしまう事。これが企業にとってどれだけ大打撃になるかは想像出来ますよね。

ライブチャットサービスを運営しているのは「企業」であり、個人情報の流出はサービス存続に関わる最大の懸念点なのでまず運営側が意図的に流出させる事はありません。

ただ、流出の心配がないのは、あくまでもサービス運営側だけの話です。

個人情報についてはこちらのブログでもご紹介しています。

 

個人情報の流出の原因は…

非常に感じが悪い言い方になりますが…

ライブチャットにおいて個人情報が流出する原因は、チャットレディ自身です。

「お客さんに教えてと言われて断りきれなかった…」など理由は多様にありますが、多くのライブチャットサービスでは、予期せぬトラブルを防ぐ為にお客さんに個人情報を教える事を強く禁止していますが、それでもうっかり教えてしまうケースが多く発生しています。

これは他の接客業の仕事でも同様の事が言えますが、逆をいうと自分が気をつければ個人情報が流出する事はまずありえません。

 

なので、これが理由で「チャットレディの仕事は危険」とは言えません。

個人情報については、考え方や捉え方にものすごく個人差がある為、これくらいならいいかという軽い気持ち教えてしまう事で、トラブルになってしまう事もありますので、チャットレディは「接客業」だという事を今一度意識して考えてみましょう。

 

 

「金銭感覚が狂ってしまう。」

金銭感覚が狂ってしまう。

お金があると人はどうしても我慢せずに、自分の欲望に忠実になってしまう方向に傾きがちです。

私も、 ボーナスが入ったその翌日に使いきってしまう酷い浪費癖があった 時期がありましたので、その気持ち、ものすごくものすご~~~くわかります…

チャットを頑張った分だけ、報酬として返ってくるお仕事ですので、月収が想定額を超えるなんて事も決して珍しい話ではありません。

 

ですが、チャットレディは 完全出来高制の接客業ですので、 100%安定した収入が保証されているわけではありません。

チャットをしない日が多かったり、繋がらない時間が多かったりすると収入にダイレクトに響きます。

人間は生活レベルを上げる事は簡単に出来ても、下げる事はそう簡単に出来ないので、そういった生活を続けてしまい急に収入が少ない月があると、相当辛い思いをするハメになります。

なので、これは「見解」になってしまいますが、ある意味これは「チャットレディは危険な仕事」と思う理由として正しいと言えます。

 

自己管理がとっても重要

上記の様にならない為、例え予定よりも多く稼げたとしても「ラッキー!」ぐらいに思っておくか、きちんと計画的に使うようにするなど、お金の使い道をしっかり意識すれば大丈夫です。

私の場合、某ネット回線代を半年間も払えていなかったのにも関わらず、浪費癖が全く直らず、通信会社から最後通告が来て、初めて見なおそうと思ったくらいのレベルでしたがなんとか立ち直れました(笑)

 

 

「友人や家族、職場の同僚に知られてしまう。」

「友人や家族、職場の同僚に知られてしまう。」

「チャットレディは危険な仕事」と言われる理由の中で比較的多いのがこれです。

これが危険な事なのかどうかというのは、それこそ考え方の個人差やそれぞれの状況があるので難しい所です。

家族にバレたくないのであれば、 パソコンをロックする、メールを見られない様にするなどの工夫だけでほぼ対策が出来ます。

友達や職場の同僚に…となると、まずその友達たちがお客さんとしてライブチャットを利用しているかどうかという所で、可能性が大きく変わってきますが、それでも バレる可能性は限りなく0に近いと思っていて問題ありません。

 

バレてしまう可能性は限りなく低いが、どうしても気になる時の対策もたくさんある。

ライブチャットに出演しているチャットレディの総数は数十万人といますので、その中から個人を特定する事はそう簡単に出来ません。むしろ不可能に近いです。

例えば、自分の友達の中に1人だけチャットレディをやっている人がいると仮定しましょう。

それが誰で、いつやってるか、どこのライブチャットでやっているかなど全く知らない状態で、ライブチャットを利用してその人を見つける事が出来ますでしょうか?

そう考えれば、奇跡的な事が起きないかぎりは無理と納得してもらえるかと思います。

 

それでも、気になるのが女子というもの。

どうしても気になる人は、メガネをかける(メガネ女子以外限定の変装方法)、ウィッグをつける、メイクをかえる、マスクをする、顔出しをしない、など身バレ防止策は多くありますので、安心出来るかと思います。

 

まとめ

さて、どうでしょうか?

ライブチャットに対して、チャットレディに対しての不安が少しでも和らいだり、印象が少し変わりましたでしょうか?

何度も言いますが、チャットレディは「接客業」です。それを踏まえた上で、チャットレディというお仕事、ライブチャットというサービスについて考えてみると、安全なのか危険なのかという線引が自分の中で見えてくるかと思います。

今回紹介した以外の事でも不安に感じる事があるかと思いますので、もし何かありましたらお気軽にGTMチャットレディお問い合わせ窓口までご相談ください(^o^)

 

◆文: T子(GTMスタッフ)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。