女性のための求人・情報メディアサイト「GTM」 女の子が興味深々な話題や高収入な求人まとめをご紹介

ほっとき過ぎな彼氏をどうにかしたい!私を大切にしてくれる3つの方法

2017.07.20 (Thu) Cat:GTM -Love-, 全ての記事, 恋愛・結婚 

ほっとき過ぎな彼氏をどうにかしたい!私を大切にしてくれる3つの方法

つきあっているのに仕事優先、友達優先、趣味優先と、彼女を大切にしてくれないダメ彼氏と付き合っていませんか?

「なんでソッチが優先なの!」

と怒っても、ますます彼女じゃないほうを優先してしまう自由な彼。

浮気されるよりはマシだから…なんて諦めてはいけません!

ほっとかれない、大切な彼女になる3つの方法をご紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

 

決まった時間にLINEする

基本中の基本ではありますが、返事がこようとこなくとも、毎日決まった時間にLINEをします。

LINEでなければメールなど、とにかく毎日決まった時間に連絡をする様にしてみましょう。

彼に返答を求めるものではなく、何気ないことをLINEしてください。

「コンビニの新作スイーツ発見」

「今日は会社ですっごい笑った」

「早く帰って見たいテレビがあるんだよね」

…なんて、 明るければ特におもしろくもつまらなくもない内容で大丈夫です。 彼が返してくれなくても構いません。

ただし、毎日キチンと同じ時間におくります。

 

自分からの連絡を「習慣づける」ことが重要

この習慣が当たり前になってしまうと、大した報告でなくとも彼は心待ちにしてしまいます。

人とは不思議なもので、いままで当たり前だったものが急に無くなるとものすごく気になってしまうもの。

どんなに忙しくてもLINEがくる時間が遅れたり、何もこなかったら彼はソワソワするようになってきます。

1日1回、確実に彼女を意識する時間を作ることで、存在感を大きくすることができちゃいますのでかなりオススメです。

 

3回怒って「1回」は優しくする

「仕事ばっかりだよね!」「また飲み会に行くの!」なんて、いつも怒ってばかり。

または「仕事じゃしょうがないよね」「飲み会?楽しんできて」と、いつも優しくしてばかり。

同じ態度をとってしまう女の子は、アメとムチの使い分けができない不器用さんです。

男性は怒られてばかりでも優しくされ過ぎていてもダメ。逃げるか甘えるかしかできなくなります。

そんな時は、3回は怒って、1回は優しくしてあげてください。

 

いわゆる『押してダメなら引いてみろ戦法』

ギャンギャン言われて「うるさいなー」と思っても、最後に「体は大丈夫なの?無理しないで」なんて、急に優しくされると「う、うん」なんてかわいく頷いてしまいます。

「なんだかんだ言っても、俺のことを思ってくれているんだ」と、キュンっとさせるのがコツです。

 

「でも、好き!」と言ってみる

「私よりも仕事の方が好きなんだね!」なんて言われても、男性は困ってしまうもの。

それどころか、「女はめんどくさい」なんて思われてしまいます。

彼に文句を言いたいときには、グッと我慢して「でも、好き!」と言ってみましょう。

「仕事ばっかでつまんない!こんなに好きなのにかまってくれないなんて寂しい」「また友達と会うの?私の方が○○君のこと癒してあげたいのに」などなど、ちょっと恥ずかしいような好意の気持ちを伝えてみましょう。

 

あくまでもメリハリが重要

怒られると怒り返してしまうけれど、急に好きって言われると悪い気はしないもの。

しかも、自分の方が悪者のような気がしてきます。

怒ってはいるけど、でも好き…と 私は怒ってるけどあなたが好きだから我慢している事たくさんあるんだからね!! と、彼の罪悪感をくすぐっておけば、近いうちに見返りがあります。

イライラしても、最後は好きって言っておきましょう。

 

まとめ

強引にこちらに振り向かせようとすると、意地になって逃げてしまう彼。

ならば、こちらが気になるように仕向けてしまいましょう!!

今回紹介したのは簡単な方法ばかりですが、これは女性にしか使えない方法です!

ジワジワと効果があらわれてきますので、楽しみながら気長に行ってくださいね。

 

◆文:サクラマチ(外部ライター)

【PR】

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。